旧システムからの変更点

旧システム(~2020年7月)からの変更点や移行における注意事項

利用法主な変更点や注意事項
利用申請からログインまで○利用負担金
・各サブシステムの演算負担金の変更
・民間企業利用の変更(成果公開型・成果非公開型の2つに。利用負担金はそれぞれ学術利用の2倍、4倍)
○ログイン方法
・フロントエンドサーバへのログインが2段階に(ログインサーバ経由でフロントエンドサーバにログイン)
・鍵ペアは、旧システムのものをそのまま利用可能
・鍵ペアの作成、パスワードの変更は利用者ポータルで
サブシステム AOBA-A・コンパイルコマンド、オプション、コンパイラ指示行の変更
・エンディアンの変更(ビッグエンディアン → リトルエンディアン)
サブシステム AOBA-B・メインとなるコンパイラの変更(Intel → AOCC)
・コンパイルコマンドの変更
・デフォルトのエンディアンの変更(ビッグエンディアン → リトルエンディアン)
ジョブの実行方法○AOBA-A
・ジョブ投入時のVE数指定方法の変更(-b ノード数 → –venode VE数)
・VHを共用する/共用しない、を選択して投入
・標準入力/標準出力/標準エラー出力のファイルサイズの上限が100MBに
○AOBA-B
・apキューを廃止し、lxキューに統一
○共通
・リクエストの状態確認コマンド reqstat の提供
アプリケーションサービス
データ転送(ストレージ)・データ転送専用サーバの設置(すべての利用者が利用可)
・課題領域の階層の変更(/super/short/課題領域名 → /short/課題領域名)
大判プリンタ・光沢紙、ソフトクロス紙の印刷ファイルの共通化
HPCI・HPCI、HPCI-JHPCNユーザ専用ログインノードの設置
 ログインノード名 hpcif.cc.tohoku.ac.jp(GSI認証のときはポート番号 2222)
・HPCI、HPCI-JHPCNユーザは、フロントエンドサーバと専用ログインノードの両方を利用可能
・HPCI共用ストレージは、専用ログインノードから利用(フロントエンドサーバからは利用不可)
・gccコンパイラは、フロントエンドサーバから利用(専用ログインノードからは利用不可)

利用についての問合せ

利用についての問合せは以下の資料をご参照ください。

また,利用相談については以下のページもご参照ください。

利用相談

東北大学サイバーサイエンスセンター
タイトルとURLをコピーしました